ニキビができる場所ごとの原因を知れば自分に合った治し方が発見できる

ニキビができる場所ごとの原因を知れば自分に合った治し方が発見できる

思春期からニキビがいろいろな場所に出来始め、それがコンプレックスになってしまう方もいると思います。

 

ニキビができる場所ごとの原因を知れば自分に合ったニキビの治し方が発見できると思います。

 

おでこニキビは思春期に出来るニキビの中でも一番多いと思います。おでこにできる原因はシャンプーなどのすすぎ残しや胃腸の不調が考えられます。また、前髪がおでこにかかっている方も注意です。家にいる時などは前髪をピンで止めたりすると良いでしょう。

 

鼻にニキビがあるのってちょっと恥ずかしいですよね。鼻にできる原因は毛穴に汚れが詰まっていたり、鼻をよく手で触っていることからです。また、ナッツ類や甘いものを食べすぎてしまうのも原因の一つです。ほどほどにしましょう。

 

頬にニキビがあると目立ってしまいますよね。頬に出来るのは、ホルモンバラスが乱れているサインです。男性ホルモンが優位になってしまうと出来てしまいます。ローズの香りなどで癒されると女性ホルモンが増えます。また、頬杖をよくついているのも原因になります。

 

口周りのニキビは生活習慣が乱れている証拠です。ビタミンも不足しています。自分の生活習慣を見直して、栄養素の多い食事をこころがけましょう。女性の場合は生理前などにも出来やすいです。

 

意外と背中にニキビができてしまう方も多いです。背中に出来る原因はシャンプーなどがきっちりと流れきれてないことや体を洗う時にゴシゴシ擦りすぎていることなどがあります。過剰な皮脂の分泌なども原因になりますので、汗をかいたらすぐタオルで優しく拭くようにしましょう。

 

今回は主な場所をあげてみましたが、ニキビは普段の生活習慣がかなり影響してくると思います。思春期の皆さんにとって甘いものを我慢するのは辛いかも知れません。そんな時はその倍野菜など栄養素の多いものを摂るように心がけてみましょう。また、睡眠も多くとるようにしましょう。