妊活のために意識しておくといいこととは?

二人の時間もしっかりと楽しむ事が赤ちゃんに会う第一歩に

妊活をするにあたり、少しでも赤ちゃんに早く出会えるために普段から意識しておくといい事をご紹介したいと思います。

 

まずは女性側です。女性には毎月一定のサイクルで生理がやってきます。この生理サイクルを把握しておくことが妊娠への近道です。おりものの状態を見ておくことも重要なポイントになります。そして、よりサイクルをよく把握しておくためにも、基礎体温の記録をつけておくことが必要になります。絶対に必要とは言いませんが、もし、妊活を進めるにあたり、病院の助けを借りようと思ったときには必ず基礎体温表が必要になります。この基礎体温表も一か月では足りませんので、数か月分、最低でも三か月分は必要になります。

 

測っていない場合はまず三か月はかってからと言われてしまう場合もありますので、時間のロスにならないようにする必要があります。

 

すぐに病院へお世話になる予定はないとしても、排卵の見極めをするのに便利な基礎体温ですので、是非普段から計測しておく習慣をつけておくことをお勧めします。

 

そして、女性に多い冷え性の改善です。体が冷えている状態よりも温かい状態のほうが妊娠に一歩近づきます。体を温めるには冷たい飲み物をやめて、常温、もしくは温かい飲み物をとったり、体を冷やす食べ物を控えるなども考えなくてはなりません。

 

次に男性側です。男性はパンツを変えることが大事になってきます。パンツが何の関係があるのかと思われがちですが、生殖器は熱に弱い性質があります。ボクサーパンツは熱がこもってしまう為、トランクスパンツに変えることが効果的です。また、熱い湯船に入ったり、サウナに入ることも控えたほうが良いでしょう。そして、膝の上にパソコンを置いて作業することも避けたほうが良いです。パソコンは思っている以上熱を放出しています。知らず知らずに生殖器周辺が温められていることがあるので、注意が必要です。

 

夫婦共通ですが、妊活をするぞと意気込みすぎず、リラックスして生活をすることが一番大事です。赤ちゃんも幸せそうな夫婦のもとへと向かおうとしていますので、意識しすぎず、二人の時間もしっかりと楽しむ事が赤ちゃんに会う第一歩になることでしょう。