野菜を食べるといつまでも若々しく元気でいられる

野菜を食べるといつまでも若々しく元気でいられる

野菜を食べるといつまでも若々しく元気でいられるって知っていますか。

 

特にほうれん草や小松菜、かぼちゃなどの緑黄色野菜は特に体にいいんです。
緑黄色野菜に含まれる成分はビタミンAやビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどで
人の体の血液を浄化してくれるんです。

 

しかもカルシウム分や鉄分も含みますので、骨粗鬆や貧血予防にも効果があるんです。
また、緑黄色野菜に限らず野菜全般は食物繊維を多く含んでいますので、
便秘解消にとても効果的なんです。

 

また野菜に含まれる酵素や機能的成分が、健康を維持したり
高血圧や糖尿病などの生活習慣病予防の発生リスクを抑える働きもあるんです。
しかも野菜を多く食べる習慣がある地域は長生きとも言われています。

 

日本長寿一の長野県は、一日当たりの平均野菜の摂取量が379グラム程度と、
全国平均の301グラムを大幅に上回っています。
このことからも、野菜を食べると長生きできるということがわかると思います。

 

最近、どんどん日本の食生活は欧米化してきて、休みの日はファーストフードで軽く
昼食を済ませてしまうという人も多いと思いでしょう。

 

これらのファーストフードを撮りすぎるとタンパク質や脂質の摂取量が増加してしまうので
それら必要のない分を体の外に出してくれる働きも野菜にはあるんです。

 

まずそのようなカロリーが高いものを食べると血糖値が上昇し、さらに血液のコレステロール値も上がるんです。
また植物繊維が足りない食生活を続けると便秘にもなりやすく、大腸や体に毒素がたまりやすくなりそれが
大腸ガンの原因の一つとも言われているんです。

 

さらに中年以降になって口臭や体臭が強くなった人は、体に毒素がたまったことが原因かも知れません。
そんな人は野菜の摂取量を増やしてみましょう。

 

野菜を多く取ることで、便秘も解消し、血液の流れも良くなり体の循環が良くなることで、
口臭や体臭がなくなったと言う人も数多くいます。

 

最近野菜嫌いの子供も増えてきました。子供時代の食生活が大人になっても
持続することでそのまま生活習慣病予備軍になってしまうかも知れません。

 

それを防ぎたいのなら、あなたのお子さんやお孫さんになぜ野菜を取らないのかをきちんと教えてあげましょう。
まず第一は野菜を食べないと体力がどんどん落ちてしまいます。それに子供に必要な集中力が落ちて
常にイライラしてしまいます。また長時間立っているとフラフラしたり、貧血で倒れてしまうこともあります。

 

また、骨がもろくなって骨折しやすくなったり、味覚の発達にまで影響が出てしまうとも
言われているんですよ。

 

でもどうしても野菜が嫌いという場合は、苦味を抑えた野菜も出回っていますし、
チーズ味などさまざまな味のドレッシングも登場していますので、それらを利用して
みるのも良いのではないでしょうか。

 

こんな良い効果がいっぱいある野菜を、あなたもたくさん食べてください。